2011年12月24日

出演バンド紹介 みなとまち

みなとまち


今の音楽シーンに決定的に足りないものとは何か。
それは「デュエット」である、と断言したい。
メインボーカルとコーラスという主従の関係なく、男子と女子の歌声が一曲の中にあるというのは、単に高い音と低い音があるというのを超えてメロディーに重層的な意味を持たせる。
簡単に言うと、聴く側に「いろいろと」想像させる。

そんなデュエットがアンダーグラウンドからはもちろん、表舞台からも姿を消してしまった今、USインディー的青々しさとBARBEE BOYS並のデュエット感を携えて登場したのがみなとまちである!
歌詞は決してストレートな恋愛ものじゃないけれど、いろいろと掻き立てられてヤバイ、ヤバイ。
胸キュン必至である。
「バンド内恋愛禁止」を標榜してるのもニクいネ。

いつの日か、サラリーマンとホステスがカラオケで「プレゼント」を熱唱する日がくればいいのにな、とけっこう本気で思ってます。


文:来来来チーム 張江浩司

http://blog.livedoor.jp/minatomachi5/

posted by とんちんかんマンデー at 00:44| Comment(0) | バンド紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。