2011年12月24日

出演バンド紹介 LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS

LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS

LOOLOWs_basement31.jpg


ロックにおいて、「育ちがいい」ってことはややもすると馬鹿にされがちですが、このLOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTSという恐ろしく長い名前のバンドにはフロントマン赤倉滋の育ちのよさに起因するエレガンスが満ち満ちています。
それはもちろん「お行儀のいい音」や「情熱を欠いた音」を指すわけではありません。
メンバーは皆スキルフルで、その演奏は安易な破綻を許しませんし、その上で歌われるメロディーはとても美しいものばかり。
しかし、その奥には単純なノイズやカオスでは表現できない「ヤバさ」がしっかりとあって、聴いてるうちに、何かもの凄くいけないものを見ちゃってる気分になってきてとてもテンション上がります。
これは育ちがいいゆえの居心地の悪さからくるんでしょうか。
このある種の屈折はまさに文学的。
ポストロックやエレクトロニカのような数学的、工学的なインテリジェンスばかりが注目される現代ミュージックシーンに、ルネサンスの狼煙を上げるバンドです。必見。

文:来来来チーム 張江浩司


http://www.loolowningen.com/
posted by とんちんかんマンデー at 00:45| Comment(0) | バンド紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。