2012年01月03日

出演バンド紹介 owllights

バンド紹介 owllights


image-20120103225342.png

H Mountainsの永遠のライバルであり、互いの下駄箱の上履きに画鋲を忍び込ませるほど志を高め合うバンド、それがowllights。
彼らはaltanativeであることを疑わない。というのも、どうやら最近は「オルタナって何?」「いえ、僕ら普通に音楽やってるだけですから」とカテゴライズされることを冷静かつ的確に嫌悪するお澄ましさんが主流のようであるが、そりゃ誰だって自分たちがジャンルなんて考えずに最高のロックだと思って活動してるに決まってるだろうがぁ。ボケぇ...。
その「最高」の先に、自分たちではどう足掻いても変えることの出来ない表現力、もしくは非プロフェッショナルな部分に気がつき、ぐたっりと疲れ果て、終電の中吊り広告をぼんやりと眺めながら一体自分自身は今何処に居るのか?などと自問自答した挙げ句に停車する終着駅、それはつまりメインストリームに対する裏路地、駅で言う所の「谷保駅」くらいだろうか。
そのような経緯を経て、ネガティブな感情をダイレクトに表現し続けた勇敢な戦士も居たが殆どが戦死。「死にたくない!死にたくない!」と必死で兵役から逃れ続けた非国民は、ギターからシールドを通してアンプに差し込む間でネガティブをポジティブに変換するコンバーターを発明し、それは些かロックと名打つには抵抗があるが、メインストリームに対して小声で呟くアンチマッチョ的音楽表現、すなわちaltanativeであることを疑わない。
owllightsとは、そんなバンドである。


文:owllights ミヤナガサトル



http://www.owllights.com
posted by とんちんかんマンデー at 18:42| Comment(0) | バンド紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。