2011年12月24日

出演バンド紹介 LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS

LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS

LOOLOWs_basement31.jpg


ロックにおいて、「育ちがいい」ってことはややもすると馬鹿にされがちですが、このLOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTSという恐ろしく長い名前のバンドにはフロントマン赤倉滋の育ちのよさに起因するエレガンスが満ち満ちています。
それはもちろん「お行儀のいい音」や「情熱を欠いた音」を指すわけではありません。
メンバーは皆スキルフルで、その演奏は安易な破綻を許しませんし、その上で歌われるメロディーはとても美しいものばかり。
しかし、その奥には単純なノイズやカオスでは表現できない「ヤバさ」がしっかりとあって、聴いてるうちに、何かもの凄くいけないものを見ちゃってる気分になってきてとてもテンション上がります。
これは育ちがいいゆえの居心地の悪さからくるんでしょうか。
このある種の屈折はまさに文学的。
ポストロックやエレクトロニカのような数学的、工学的なインテリジェンスばかりが注目される現代ミュージックシーンに、ルネサンスの狼煙を上げるバンドです。必見。

文:来来来チーム 張江浩司


http://www.loolowningen.com/
posted by とんちんかんマンデー at 00:45| Comment(0) | バンド紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出演バンド紹介 みなとまち

みなとまち


今の音楽シーンに決定的に足りないものとは何か。
それは「デュエット」である、と断言したい。
メインボーカルとコーラスという主従の関係なく、男子と女子の歌声が一曲の中にあるというのは、単に高い音と低い音があるというのを超えてメロディーに重層的な意味を持たせる。
簡単に言うと、聴く側に「いろいろと」想像させる。

そんなデュエットがアンダーグラウンドからはもちろん、表舞台からも姿を消してしまった今、USインディー的青々しさとBARBEE BOYS並のデュエット感を携えて登場したのがみなとまちである!
歌詞は決してストレートな恋愛ものじゃないけれど、いろいろと掻き立てられてヤバイ、ヤバイ。
胸キュン必至である。
「バンド内恋愛禁止」を標榜してるのもニクいネ。

いつの日か、サラリーマンとホステスがカラオケで「プレゼント」を熱唱する日がくればいいのにな、とけっこう本気で思ってます。


文:来来来チーム 張江浩司

http://blog.livedoor.jp/minatomachi5/

posted by とんちんかんマンデー at 00:44| Comment(0) | バンド紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

出演バンド紹介 ザ・なつやすみバンド

ザ・なつやすみバンド

20111007180737.jpg


ザ・なつやすみバンドは表面的には優しくて謙虚なのに、芯が太くて強い感じがします。そこが好きだ。
あとメンバー間が仲良さそうな感じ、その中で大事に音楽を作っているように感じます。(実際仲良いか知らない)
聴いてくれる人がいる上で音楽は成立するものではあるけれど、一番初めのリスナーは演奏者だと思っている。
大事に演奏している感じが伝わってくると、聴いていて凄く嬉しい。
なつやすみの演奏を聴いているとそんな感じがするなあ。最近全然ライブ見れていないですが。

シラフさんの音が入ると、それが外にもっと広がっていく感じ。やんちゃさと大人っぽさでバンドを外へ引っ張っている。
リサさんのぼそぼそっとしたMCも好き。

2010年7月に行われたowllightsとH Mountainsの共同企画にも出ていただいたので、今回僕ら主催のイベントに出演して頂くのは二度目ではあるのですが、
あのときとは彼らの状況も違うし、違った表情が見れるのではないかと楽しみにしています。
「せかいの車窓から」って曲が好き。

文:H Mountains 畠山健嗣 





http://natsuyasumi.hiyamugi.com/
posted by とんちんかんマンデー at 08:58| Comment(0) | バンド紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。